設備充実で安心キャンプ♪ サン・ビレッジ曽爾
スポンサーリンク

皆様、ご無沙汰しております。

また投稿に少し間が空いてしまい、申し訳ございませんm(_ _)m

さて今回はキャンプ場についての記事です。これからご紹介する「サン・ビレッジ曽爾」は、私がキャンプを始めてまだ経験が未熟だった頃、とくにお世話になったキャンプ場なんです(^^)

その理由として、自宅から近いというのも1つですが、このキャンプ場は設備が素晴らしいんです! ということは安心感があるんですよね〜(*´∀`*)

経験が少ないキャンパーさんにとって、雰囲気はいいけど設備面がチョット...的なキャンプ場に行くと何かと不安なものです。

その点、このキャンプ場は違う!!

じゃあ、なにが違うのか?ってところを少しずつ掘り下げて見ていきたいと思うので、ぜひ最後までお付き合いくださーい(^o^)

ちなみに、ネット検索すると「サンビレッジ曽爾奥香落オートキャンプ場」ってけっこう長い名前でヒットしたりしますが、今回ご紹介する場所と同じです(^^)

追記
現在、サン・ビレッジ曽爾はリニューアルのため、2020年7月頃まで利用できないみたいです。
オープン日もまだはっきりと決まっていないらしいので、リニューアルオープンされれば再度ご報告します。

基本情報

住所 奈良県宇陀郡曽爾村大字今井911−1
電話番号 0745−94−2619
営業期間 通年営業
料金(サイト単位)

【A・B・Cサイト】4200円

【グループサイト】13000円

+150円(ごみ処理代)が必要

INOUT 13時〜翌12時
設備

トイレ(2ヶ所)、炊事場(3ヶ所)

シャワー(2ヶ所)

ランドリー

その他

車の乗り入れ可

ごみ捨て可

薪の販売あり(1束550円)

料金としてはサイト単位なのでシンプルですが、サイトのAC電源を使われる方は+600円が必要です。

グループサイトというのは、このキャンプ場に1つだけあるサイトで、3グループ用らしいです。私自身、このサイトを使用したことが無いので詳しくは分かりませんが、2グループor4グループ以上でも使用可能なのかについては確認してみてください。

キャンプサイト以外についてはさらっとしたご紹介になりますが、以下のとおりです。

コテージA 22000円(平日2000円引き)
コテージB 20000円(平日2000円引き)
バンガロー(4名用) 8500円
バンガロー(6〜8名用) 9500円

ちなみに、バンガローは寝具とエアコンが付きですが、コテージになるとそれらに加えて冷蔵庫、テレビ、食器まであるらしいですね(^^)

また、バーベキュー棟は、2時間3000円で利用可能となっております。

あと、タイトルどおりキャンプ場内の設備が充実しているんですが、その辺りは後ほどご紹介していきたいと思います(^^)

アクセス

キャンプ場までの道中については、終始きれいな道が続き、運転の心配もなくアクセス面は良好です。

奈良の中心部からだと1時間くらいですが、大阪や三重方面からもわりとアクセスしやすい立地だと思います。

今回は大阪・奈良方面からのご紹介になります。

もちろん行き方はいろいろあるのですが、「中和幹線」という道路からがアクセスしやすいかと思います。この道を東に行くと途中から国道165号線になりますが、キャンプ場まではひたすら道なりに行く感じなので迷うことはないと思います♪

ちなみに、途中からはスーパーが無くなるので、買い物はこの中和幹線沿いで済ませておいてくださいね(^^)

そして、このキャンプ場への道中にはチョット使えるポイントがあります。

それがこちらの薪の無人販売所!!

場所は宇陀市内で、キャンプ場まで15kmほどの場所にあります。

写真だと少し小さく感じるかもしれませんが、1束は5kgあって、なんと値段は300円!!3束買っても900円なのでこれは買いだと思いますよ(^o^)

キャンプ場までの車内スペースに余裕のある方はぜひ!

ただ、販売所にはあるお願いが貼られてあり見てみると、どうやらお金の入れ間違いが多発しているとのこと。

要は無人販売なのをいいことに、ちゃんとお金を支払っていかない人が多いってことですね(・へ・) ただでさえ格安の薪なのに... 少し多めに払ってもいいくらいです。

このような問題はキャンパーのモラルやマナーに通じることだと思うので、ルールを守って気持ちよくキャンプをしたいですよね(^_-)

話が少し逸れましたが、その後もずっと道なりです。

道なりに行くと、地元のスーパー的な「ストア2・7」というお店があるのでその前を左に入ります。

するとすぐに三差路になるのでそこを右。あとは坂を登っていくとキャンプ場の看板があるので簡単ですね♪

サイト

まずこのキャンプ場、全面区画サイトとなっております。

けっこう広いキャンプ場で、大きく3つのサイトエリアに分かれます。

まず受付の横にあるAサイト、管理棟から見て下のエリアにあるBサイト、Cサイトです。広さには大差なく、それぞれに良いところがあると思うので、空きに余裕があれば実際に見てから決めてもいいかもですね(^_^)

それではそれぞれのサイトをご紹介していきます♪

Aサイト

ざっと全体的にはこんな感じです。ロケーション的には鎧岳や兜岳が見やすい右側がオススメかな♪

以下、サイトの一例を。

まず、車の駐車はブロックが敷かれたところになるのでご注意を!

広さ自体はまあまあといったところでしょうか。ツールームテントも設営可能です。

地面は芝生ですが、サイトによって生え方に若干のムラがあるので良い場所を探してみてください(^^)

 

あと、利用する機会は少ないかもしれませんが、Aサイトの1番奥にあるグループサイトもご紹介しておきます♪

Bサイト

まず、先ほどのAサイトと違い、BサイトやCサイトはキャンプ場の下のエリアにあります。

Bサイトも道を挟んで右側と左側に分かれます。

右側のサイトの目の前にはテニスコートがあってチョットなぁ〜と思われるかもしれませんが、設営の仕方によっては意外とアリだと思います(^^)

地面は同じく芝生。けっこうきれいな芝生なのでいいなぁと思いました♪

Cサイト

場内道路の左右にあるサイト。とくに山に近い側なんかはけっこうアリかもですね♪

ただ、このサイトからだと鎧岳が見にくくなるのが少しマイナスかなぁ^^;

コテージやバンガローも

さらっとですが、利用される方もいるかもしれないのでコテージやバンガローも(^^)

設備が充実している分、コテージの方が大きい作りです。

バーベキュー棟

屋根付きのバーベキュー棟も。利用料金は2時間3000円とのこと。

設備

トイレ

トイレは、Aサイト横とB・Cサイトの間の2ヶ所にあります。

どちらもきれいに清掃されており、清潔感バッチリです!もちろんトイレットペーパーも完備されてますよ(^^)

 

①Aサイト横のトイレ

②B・Cサイト間のトイレ

炊事場

炊事場に関しては、大きくはAサイト横とB・Cサイト間の2ヶ所。あとCサイトに小さな炊事場が1ヶ所あります。

①Aサイト横の炊事場

②B・Cサイト間の炊事場

③Cサイトの炊事場

 

私がこのキャンプ場で1番凄いと思うのが炊事場です!

まず、いずれも屋根・照明付きで安心♪ 掃除もきれいに行き届いており、なんなら洗剤やスポンジもあったりします! ←まあ、そのへんは持参いただくのが無難ですが^^;

あと素晴らしいのが大きな炊事場に関しては、給湯器のお湯が無料で使える!コレとくに冬なんかは重宝しますよね〜

さらにさらに、なんとガスコンロまで無料で使えちゃうんです!! もはや、バーナーいるの!?ってレベルですよね笑

まあ、そこまで頼りきっちゃうとキャンプ感が減るのでどうかとは思いますが、ガス缶が無くなっちゃった時やバーナーのトラブルがあった時のことを思うとハンパない安心感ですよね(*´∀`)

シャワー

シャワールームに関しても、Aサイト横とB・Cサイト間に2ヶ所あります。

中もきれいで使用に関して全く問題ないレベルです(^^)

料金はどちらも100円(5分間)

 

①Aサイト横のシャワールーム

②B・Cサイト間のシャワールーム

その他

①ランドリー

②ゴミ捨て場

ゴミ捨て場に関しても2ヶ所あり、どちらもきちんと整理されています。

BサイトやCサイトを利用した際も、上まで持って上がる必要がないので助かりますね♪

③管理棟(売店・風呂)

管理棟にはチョットした売店もあります。非常時には助かるかも!?

また、こちらにはお風呂もありますが、基本的に平日は利用できないようなので希望の方は確認してみてください。

温泉近いですよ〜♨

さきほど管理棟にお風呂があると言いましたが、このキャンプ場に来るとぜひ立ち寄っていただきたいのが近くの温泉、「お亀の湯」です!

けっこう有名な温泉で、キャンプ場の近くにある温泉の中ではクオリティー高めですよ!写真は載せれませんが、開放的な露天風呂は最高に気持ちいいです(^o^)

料金

大人750円 子ども450円

※平日は50円引き

営業時間

11時〜21時(最終受付20時)

※12月〜3月は、11時〜20時30分(最終受付19時30分)

定休日 水曜日

 

キャンプ場から車で10分くらいの距離なのでぜひ一度!

まとめ

アクセス
料金
設備
景観・総合

冒頭でも触れましたが、このキャンプ場の売りはなんといっても、充実した設備からくる安心感だと思います(^_^)

正直、設備が充実している分、どうしても人工的な雰囲気になり、めっちゃ自然いっぱいの景色というわけではありませんが、それに代わる安心感は大きいです♫

私もキャンプに慣れ、カメラを楽しむようになってからは行く機会が減りましたが、家族と行くファミリーキャンプの際は今でもお世話になっています(^^)

そして「お亀の湯」最高ですよ(*^^*)

キャンプからの温泉、はたまた温泉からのキャンプ。どっちもいいですねっ(●´ϖ`●)

ファミリーキャンパーさんはとくにぜひ一度いかがでしょう!?

Have a good camp\(^o^)/

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事