雰囲気バツグンの林間サイト!洞川キャンプ場
スポンサーリンク

キャンプ場紹介の1発目は、奈良県天川村にある洞川キャンプ場をご紹介します。

雰囲気は全体的に林間サイトでプライベート感強めな印象です♪ぼく自身、けっこうお気に入りのキャンプ場で管理人さんがとてもいい人です(^^)

奈良県天川村の洞川キャンプ場をご紹介!

それではまず基本情報から!

基本情報

住所 奈良県吉野郡天川村洞川934-15
電話番号 0747-64-0757
営業期間 通年営業
料金(人数単位)

オートサイト・テントサイト(屋根付き高床)大人2500円、子供1000円 (日帰り)大人1600円、子供800円

フリーサイト 大人2000円、子供1000円 (日帰り)大人1000円、子供800円

バンガローA・B 大人3800円、子供2800円

※+要消費税。

INOUT

11時〜翌10時30分

日帰りは、11時〜18時

設備

シャワー(風呂なし)

トイレ、炊事場(2ヶ所ずつ)

ゴミ捨て可(村指定ゴミ袋150円)

電源なし(バンガローは電源あり)

その他

薪、カップ麺など少量の販売あり

車の乗入れ可(フリーサイトは不可)

※2019年4月〜 料金制度がサイト区画単位から人数単位へ変更となってます!

例:オートサイト(大人)の場合 

400円(入村料)+3500円 → 2500円(1人)

これは、ソロでも訪れるぼくとしては嬉しいポイントです\(^o^)/

あと、営業期間に関しては基本的に電話すれば年中対応していただけますが、管理人さんは常にキャンプ場に居るわけではないので、とくに冬なんかは事前確認してくださいね。

 

道中

キャンプ場まではわりときれいな道が続くので、車の運転は心配ないと思います^_^

 

受付にはとても感じのいい管理人さんがおられます。ただ、キャンプ場内のどこかしらにいてて、すぐに見つからないこともありますが気長に探してみてください(笑)

サイト

まずはキャンプ場の全体図から。

 

①オートサイトA

受付から近いオートサイトAの様子です。こちらの区画は少し狭く、目の前が道路なのでプライベート感に欠けるかなと思います。

②オートサイトB

オートサイトAから奥へ進んだオートサイトBです。おそらくこのキャンプ場を利用する方のほとんどがこのサイトを選んでいるのではないでしょうか!?

Aに比べて区画はすこし広くなり、プライベート感があります。ただ、広さは1つ1つの区画で若干の差があるので、実際に見て選ばれるとよいと思います。

サイト地面の性状は土で、大体のペグは使用可能かと思いますが、鍛造ペグであれば余裕です♪

③フリーサイト・テントサイト・バンガロー

写真1枚目のフリーサイトはこのキャンプ場でもっともプライベート感があります。ただ、ここだけ孤立するように離れているので、泊まりのソロキャンプなんかだと寂しいかも(^_^;)どちらかというとグループ向けかな(^^)?

設備

①トイレ

受付横にあるトイレの方が比較的きれいですが、大差はないかと。

もし気にされる方は、受付側のトイレをご利用ください。

②炊事場

このキャンプ場にはたくさんの炊事場がありますが、実際キャンパーが使うのは写真1枚目or2枚目の炊事場かと思います。

ちなみに、洗剤やスポンジは無いので持参してくださいね!

③シャワー

使用した経験はないですが、シャワー設備はあります。(冬期は凍結のため使用不可)

また、キャンプ場近くには温泉があります。詳しくは続きを(^^)

おすすめポイント

洞川は、水がきれいなことから「名水とうふ」として販売されているお店があります。ただし、夕方などに行くと売り切れの可能性大なのでお買い求めの際はお早めに!

キャンプ場から車で5分ほどのところに洞川温泉があります

(料金:大人600円・子ども200円 時間:11時〜20時 ※水曜日は休館)。

また、個人的におすすめしたいのがキャンプ場からも近い中華料理の「彰武」さん!一風変わった中華料理といった感じですが美味しい!!名水豆腐を使用した麻婆豆腐も食べられますよ\(^o^)/

(キャンプ場から「彰武」さんまでの道のり)

まとめ

アクセス
料金
設備
景観・総合

個人的には雰囲気も良く、設備もぼちぼちで全体的に高評価できるキャンプ場です。

近くには観光気分で立ち寄れる場所も多く、キャンプ以外の面でも楽しめるのではないでしょうか(^^)

ただ、冬場は雪も多く、かなり冷え込むのでそれなりの装備と覚悟のうえでどうぞ笑

また、天川村内にスーパーは無いので、道中に済ましておいてくださいね!

Have a good camp(^o^)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事